TOP > 脱毛サロンのフォトフェイシャルとは?

脱毛サロンの施術内容紹介ではフォトフェイシャルという言葉が時折使われます。これが一体どういった施術なのか分からない、しかし面と向かっては聞きづらいと言う人も多いでしょうが、このフォトフェイシャルの意味をざっくりと説明すると「肌にあるメラニン色素を破壊してしみやくすみといった肌トラブルを改善する施術」になります。

大阪の医療レーザー脱毛を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

もともとサロンで使用されているフラッシュ脱毛機はメラニン色素に反応して毛根を破壊する機能を有していますから、このフラッシュ脱毛機にフォトフェイシャルの機能がプラスされている機械もあるのです。



そうした機械を採用しているサロンであれば、脱毛を受ける際に合わせて肌にあるしみやくすみを取り去ってもらうということが可能です。
よくしみやくすみと言うと顔に出来るものというイメージがあるのですが、こうした症状は色素沈着によって発生するものですから肌であればどこでも発生することがあり得ます。特に自己処理が雑だったり処理の方法を間違えているということになると、普段ケアをしているはずの部分にいつの間にかしみが出来ていたということはよくあるものです。



そのためそうした部位の脱毛を行うのであれば、サロン側に確認してフォトフェイシャルを一緒にできないかどうかチェックしてみると良いでしょう。


ただフォトフェイシャルをプラスするとなるとやはり追加料金がかかってくることが多いですから、料金については必ず事前に確認をしてください。